今後増える可能性が高い訪問看護の仕事

今後増える可能性が高い訪問看護の仕事

今後需要が高まると考えられているのが、訪問看護のお仕事です。高齢化社会に進む事も理由の一つですが、これから医療のやり方も変わってきて、在宅での医療が必要なケースも増えていくからです。長期入院を避ける病院が増えてきたり、在宅で医療を受けたいと考える人も増加傾向にあります。終末期の医療としての関わりもあり、在宅で最後を迎えたいという人の手助けも行っています。
訪問看護のお仕事は、一般病院とそれ程仕事内容が変わらないのに、報酬が高いと言う事が多いようです。時間もだいたい決められていて定時で帰ることができて、融通も利きやすいことから働きやすい職場です。勤務時は日中だけと言うこともありますし、夜勤ももちろんあります。1件あたりの担当時間は1時間くらい、一人で訪問する事もあります。そのため車や自転車など移動手段が必要となります。もちろん移動手当ても出るため、その間の費用も発生します。
一人だと高いスキルが必要と感じてしまいますが、医師との連携もあり万が一の際にも対応しています。訪問看護と言っても対象者によって、行う看護の仕事内容も異なります。一人一人の患者さんに対し接する事ができて、ありがとうと言ってもらえる事から選ぶ方も多いです。